夢占い事典・夢判断辞典〜無料で診断
◆夢占いの活用方法
以前、私は「ヘビに噛まれる夢」を見ました。
目覚めた時は嫌な気分になりましたが、気になったので夢占いを調べて見ました。
すると、金銭的にラッキーなことが訪れる暗示だったのです。
嫌な夢や、痛い夢、恐ろしい夢の中でも、以外に夢占いでは幸運の夢であることもあるのです。
私はそれから、できるだけ自分の見た夢は夢占いで調べるようにしています。
覚えておくことができなければ、メモに書き留めるようにしたり、携帯電話に登録するようにしています。

夢占いはあくまでも占いの一種です。
ですから、夢占いに対して神経質になることはありません。
例え、夢占いで悪いことだと言われても外出しないというのは違うのではないかと思います。
少しいつもより、慎重に行動する、注意するようにすればいいのです。

毎日、夢は見る訳ではありません。
見た夢の内容が気になった時などに夢占いをするのもいいですよね。
恋人の夢、好きな人の夢など楽しい夢を見ると楽しい気分になるでしょう。
そんな時は、わざわざ夢占いの判断をチェックしなくても一日を楽しい気分で過ごすことができると思います。
逆に、変な夢、嫌な夢、気になる夢を見た時は夢占いをしてみてはいかがでしょう。

普段の生活の中心に夢占いを考えることはありません。
夢占いは、良い人生を送ることができるように活用するものではないでしょうか?


スポンサードリンク

ページTOPへ

[4]PRE

[0]夢占い・夢診断辞典>[2]夢占いについて>夢占いの活用方法

2010(C)夢占い事典・夢判断辞典〜無料で診断

プライバシーポリシー